福岡で人気の太陽光発電業者ランキング!口コミで評判の高い業者を比較・厳選して紹介しています。

太陽光発電のメンテナンスは必要?メンテナンス方法と費用相場

公開日:2021/06/15


エコな発電方法として、人気の高い太陽光発電システム。屋根に取り付けた後、ついほったらかしにしがちですが、実は定期的にメンテナンスが必要なのです。この記事では、太陽光発電システムにメンテナンスが必要な理由と、メンテナンス方法・必要な費用の相場などについてご紹介します。これから太陽光発電をお考えの方は、参考にしてください。

太陽光発電にメンテナンスが必要な理由

そもそも太陽光発電のソーラーパネルを設置するにあたり「改正FIT法」という法律で定期的なメンテナンスをするよう定められています。しかし、法的な根拠以外にも、太陽光発電にメンテナンスが必要な理由はいくつかあるのです。

性能を維持するため

太陽光発電システムは、経年劣化によって発電性能が低下していく傾向があります。とくに要注意なのは、ソーラーパネル(太陽光モジュール)とパワーコンディショナです。この2つが経年劣化および汚れで目詰まりを起こすと、発電性能が低下してしまいます。しかし、メンテナンスには専門知識が必要になるので、一般の方が適切なメンテナンスをするのは極めて難しいでしょう。そのため、専門の業者を呼んでメンテナンスしてもらう必要があります。

故障または不調を防ぐため

屋根の上に設置された太陽光発電は、常に屋外で野ざらしにされています。鳥の糞が付着したり突風で飛んできたゴミや枝が当たったり、雨水で濡れたりとソーラーパネルは何かと汚れや傷を受けやすいのです。そして、汚れや傷を放置しておくとその部わから腐食したり、大きな故障につながったりしてしまいます。また、場合によっては発火や落下につながり、災害に発展しかねません。そのため、安全に使い続けるためにも、定期的なメンテナンスが大切なのです。

メンテナンスの方法は?

では、実際に太陽光発電のメンテナンスをする時は、どんな方法があるのでしょうか?ここからは太陽光発電のメンテナンスの方法について、2つご紹介します。なお、太陽光発電の点検作業については、一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)が定めたガイドラインが存在します。安全なメンテナンスのためにも、このガイドラインを遵守してくれる業者を選びましょう。

清掃

ソーラーパネルの表面に付着した鳥の糞やゴミ、そして部品に付いた砂埃などを取り除くために清掃を行います。必要に応じて高圧洗浄を行うこともありますが、メーカーによっては使用が推奨されない製品もありますので、注意が必要です。

定期点検

長期間安全に運用するために、機器の不具合などを定期的に点検します。ここで点検の対象となるのは、ソーラーパネルをはじめ、パワーコンディショナや架台、電力量計、ブレーカーなどといったすべての部品です。不具合がないかどうか見て確認する「目視点検」と、実際に発熱や電流を測定機器で測る「数値測定」を併用しながら、作業を進めていきます。

メンテナンスの頻度と費用相場

太陽光発電のメンテナンス方法がわかったので、次はどれぐらいの頻度でメンテナンスをすればよいのか?費用はどれぐらいかかるのか?なども気になってきている方もいるでしょう。ここからは太陽光発電のメンテナンスの頻度と、費用の相場についてご紹介します。

最低限の頻度は「4年に1回」

まず、太陽光発電を設置した1年後に、初期不良の点検を行います。その後は最低でも「4年に1回」の頻度でメンテナンスをすることが推奨されています。ただし、設置された地域の気候などにも左右されるため、雪国や潮風で塩害の起きやすい地域、落雷の多い地域などでは、もっとメンテナンスの頻度を上げた方がよいでしょう。

9年目のメンテナンスは必須!

太陽光発電の部品の保証は、10年で切れる場合が多いです。そのため、9年目のメンテナンスは絶対にやっておきましょう。また、出力保証も20年前後で切れる場合が多いので、保証のきく期間中にしっかりとメンテナンスをしておきましょう。

清掃および点検の相場は?

太陽光発電のメンテナンスには、清掃と定期点検の2つがあることは先ほど述べた通りです。それぞれの費用の相場ですが、清掃は3~6万円。そして、定期点検は1~2万円が相場です。

メンテナンス時の足場費用は?

清掃と定期点検以外にも、忘れてはいけない費用があります。それは、足場費用です。清掃もしくは定期点検は、太陽光発電の設置された屋根の上で行います。そのため、作業員の安全を確保するために、足場を組む必要があるのです。業者や回数による変動もありますが、相場は5~10万円ほどです。業者にメンテナンスを依頼する際は、清掃と定期点検、そして足場費用の3つを用意しておきましょう。

 

ここまで、太陽光発電にメンテナンスが必要な理由とメンテナンスの方法・頻度、費用の相場についてご紹介してきました。太陽光発電は常に雨風にさらされているため、最低でも4年に1回はメンテナンスをしましょう。そして、メンテナンスの際は清掃・定期点検・足場を作るための費用はもちろん、点検中に故障が見つかった場合は修理費用も別途必要です。余裕を持って、費用を準備しておきましょう。

【福岡】おすすめの太陽光発電業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名安心頼ホームゆめソーラー(リフェコ)新日本エネックスガリレオコーポレーションELJソーラーコーポレーション
特徴1万件以上もの高い実績を誇る確かな施工力やアフターフォローアフターフォロー満足度が高い!設置後の満足を一番大切にしている施工実績1万件以上!親切丁寧な対応で、お家のかかりつけ医を目指す軽量かつ高性能なシステムを取りそろえているスマエネ販売店売上高ランキングで2年連続NO.1
詳細ページ

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧